おすすめVPSを比較|レンタルサーバーやAWSとの違いは?

VPS(Virtual Private Server)とは?

VPSとは仮想化ソフトウェアを使って構築された「仮想サーバー」のことを指します。

VPSは「物理サーバー」の中に複数構築されます。「物理サーバー」というのは以下の写真のようにデータセンターで大量にラッキングされているサーバーのことです。こういう光景をドラマや映画で見たことがあるかも知れません。

この1台1台の物理サーバーの中にKVMやXen、VMWareのような仮想化ソフトウェアを使って構築された仮想サーバーがVPSです。

利用者はVPSをレンタルして自分でOSをインストールしたり再起動したりできます。操作感覚は物理サーバーと同じです。唯一の違いはCPUもメモリーもストレージもすべて仮想化されているという点です。

VPSとレンタルサーバー(共有サーバー)の違い

一般的なレンタルサーバーは物理サーバーを共有するため「共有サーバー」と呼ばれます。

物理サーバーはあらかじめOSやミドルウェア(ApacheやPHPなど)がインストールされています。

共有サーバーは複数の利用者が同時に利用しているので自分で勝手にOSを入れ替えたりアプリケーションをインストールすることはできません。

そのため自由度は低いのですがソフトウェアのアップデートなどサーバーのメンテナンスはすべて物理サーバーの管理者が代わりに実施してくれるのでホームページを公開したいという方に手間がかからず楽に運用できます。

VPSとレンタルサーバー(専用サーバー)の違い

レンタルサーバーには共有サーバーとは別にサーバーを占有することができる「専用サーバー」というものもあります。

専用サーバーは物理サーバーを丸ごと1台レンタルできるサービスです。VPSと専用サーバーの違いは「仮想」か「物理」かの違いです。

使い勝手はVPSと専用サーバーで変わりません。どちらも自分の好きなようにOSをインストールしたりカスタマイズできます。

専用サーバーにできてVPSにできないのはハードウェアのカスタマイズです。たとえば専用サーバーであればCPUやメモリーの換装、特殊なボードを装着することができます。

ハードウェアを自由にカスタマイズできる点は魅力的ですがパーツ故障も自分で対応する必要があるため運用に非常に手間がかかります。

この手間を省くためにサーバーの運用を任せることができる「マネージドサーバー」もありますが、利用金額は更に高額になります。

専用サーバーは法人の方以外が利用する機会は少ないでしょう。

VPS共有サーバー専用サーバー
主な用途・WEBサイトの運営
・ゲームサーバーの運営
・WEBサイトの運営・業務用サーバーの運用
利用金額・数百円~数万円まで様々・数百円~数千円まで様々・数万~数百万円
運用の範囲・OS・ミドルウェア・なし・OS・ミドルウェア
・ハードウェア
自由度・ハードウェアを除き自由・自由度は低い・お金を出せば何でもできる

専用サーバーは法人向けなので気にしなくて良いでしょう。手軽にWEBサイトを公開したい、WordPressを利用したいという方は「共有サーバー」がおすすめです。OSやミドルウェアを自分で設定したい、自分で開発したアプリを動かしたい、ゲームサーバーを運営したいという方は「VPS」がおすすめです。

VPSとAWSの違い

VPSとよく似たサービスに「AWS(Amazon Web Service)」があります。

それもそのはず、AWSはVPSと同じようにXenという仮想化ソフトウェアで構築された仮想サーバーを提供しています。

一番の違いはVPSが定額(あるいは上限つきの従量制)であるという点です。

AWSは利用時間だけでなくストレージの利用量やデータ通信量に応じて課金されるため、気付いたら数万円の請求が来るということは珍しくありません。

AWSは業務用途でもっとも利用されている信頼性の高いサービスですが個人で利用する場合は毎月の利用金額を低く抑えることができて定額性のVPSを利用した方が安心でしょう。

VPSのメリット

VPSは仮想化技術を使ってCPUやメモリー、ストレージを仮想化します。仮想化されたサーバー同士は隔離されるため他の利用者による影響を抑えることができます。

たとえば他の利用者が負荷の高いプログラムを動かしている、ハッキングされた、そういった場合でも被害が及ぶことありません。

また管理者権限が付与されるのでサーバーの設定を好きなようにカスタマイズできますからマインクラフトのマルチプレイサーバーを構築するといったこともできます。

自分で開発したアプリを動かすことができる点も魅力的です。Ruby on RailsやLaravel、Flaskなどのフレームワークで開発したアプリを共有サーバーで動かすことは難しいのですが、VPSであればミドルウェアのインストールやカスタマイズが自由なので自分だけのアプリを好きなように動かすことができます。

VPSのデメリット

VPSはサーバーのメンテナンスをすべて自分で実施する必要があります。

とくにセキュリティには注意が必要です。緊急のセキュリティパッチが出たらすぐに自分でアップデートしなければなりません。

そのためLinuxなどの操作がまったく分からないという方には向いていません。サーバーを設定したりメンテナンスするためのスキルがあることが前提となるので注意してください。

VPSはWindowsも使える

24時間365日稼働していて世界中どこからでも繋がるWindowsマシンが欲しいと思ったことはありませんか?VPSであればWindows Serverを利用することによってそれが実現できます。

Windows VPSを価格別にランキングしてみた|最安のVPSはどれだ

リモートデスクトップで接続できるので普段利用しているWindowsパソコンと同じように操作できます。

24時間365日アプリを動かしたり最近ではFXの自動売買システムとしても利用されています。実はわたしも「さくらのVPS for Windows」を利用している一人です。

VPSでWindowsを動かすと電気代の心配やパソコンの故障を気にしなくて良いので重宝します。仕事専用のパソコン代わりに使ったり、秘密のプライベートなパソコンとして使いたいといった用途にもピッタリですよ。

おすすめのVPSサービス

Windowsを使う場合は「【決定版】Windows VPSおすすめランキング TOP5」を参考にしてみてください。価格重視ならば「一番安いWindows VPSはどれか?月額料金が安いWindows VPSランキングTOP5」が参考になります。

Linuxを使うのであれば、価格スペックあるいは使いやすさから「さくらのVPS」と「Conoha VPS」の2択がおすすめです。

さくらのVPS

公式サイト:https://vps.sakura.ad.jp

初期費用月額料金SSD容量
無料643円~25GB~3.2TB

安心の老舗レンタルサーバーが提供するVPS

さくらのVPSはインターネット黎明期からサービスを提供している老舗のレンタルサーバー会社です。そのためノウハウも多く低価格で安定したサービスを提供しています。

2週間の無料お試し期間があり実際に使ってみて使い心地を試すことができるため、とても人気の高いVPSサービスとなっています。

TRY NOW
  • 2週間の無料お試し期間あり
  • 独自OSのインストール可能
  • 「石狩」「大阪」「東京」からサーバー作成可能
  • 高速バックボーン通信

2週間無料体験 公式サイトに行く

リンク先:https://vps.sakura.ad.jp

まずは無料お試し!2週間無料でお試しください

ConoHa VPS

公式サイト:https://www.conoha.jp/vps/

初期費用月額料金SSD容量
無料530円~30GB~100GB

高性能で使いやすくゲーム用に大人気のVPS

ConoHa VPSはさくらのVPSよりも低価格で利用できるVPSです。物理サーバーの性能はさくらのVPSよりもConoHa VPSの方が高いためコストパフォーマンスの面ではConoHa VPSの方が有利です。

テンプレートを使ってゲームのマルチサーバーを簡単に構築できる仕組みがあるのでゲーム用に大人気のVPSとなっています。

マインクラフトで遊ぶならばConoHa VPSが最もおすすめです!

TRY NOW
  • マインクラフトを簡単に自動インストールできる
  • 高性能サーバーだからゲームサーバーにも最適
  • 最低利用期間なし
  • 1か月未満なら1時間単位の支払い可

最低利用期間なし 公式サイトに行く

リンク先:https://www.conoha.jp

最低利用期間なし!1時間単位の支払いも可能