レンタルサーバ・VPS

レンタルサーバーとVPS?何が違うの?違いや利用場面を解説

レンタルサーバーとVPS、どちらを選択するべきだろうか?共有サーバーと専用サーバーの違いや選択基準がわからない!

そういった方に向けてレンタルサーバーとVPSの違いやおすすめの利用場面を解説します。

レンタルサーバーとVPS

レンタルサーバーとは?

レンタルサーバーは1台のサーバーマシンを複数のユーザーで利用する「共有サーバー」と1台丸ごとレンタルする「専用サーバー」に分かれます。

共有サーバーの利用者は一般ユーザー権限のアカウントが発行され、皆で1台のサーバーを共有します。ですから、誰かがCPUをたくさん使うと他の人に影響が出ます。

専用サーバーは管理者権限が発行され、自分専用のサーバーとして自由に使えます。そのためCPUやメモリーなどハードウェアリソースを気にせず使うことができます。

共有サーバー 専用サーバー
アカウント権限 一般ユーザー権限 管理者権限
ハードウェアのリソース 使い過ぎると他の人に影響あり 自由に使える

VPSとは?

VPSはVirtual Private Serverの略で、直訳すると仮想の専用サーバーです。

VPSは1台のサーバーに複数の仮想サーバーを構築します。それぞれの仮想サーバーは独立していますから、あたかも1台の専用サーバーのように振る舞います。

利用者に対して専用サーバーと同様に管理者権限が発行されるのでアプリケーションを自由にインストールできます。

ハードウェアのリソース制約が厳しい、ネットワーク遅延に対する要求水準が厳しい、そういったアプリケーションを動かさない限り専用サーバーよりもVPSの方が費用対効果の面でおすすめです。

レンタルサーバー・VPSの比較

共有サーバー 専用サーバー VPS
管理者権限 × あり あり
OSの自由度 × ◎(自由) ○(限定的)
メンテナンス 提供会社 自分 自分
独自アプリ △(厳しい) ◎(自由) ◎(自由)
カスタムOS × ◎(自由) ○(限定的)
スペック
ランニングコスト

共有サーバーのメリット・デメリット

メリット

  • メンテナンスをサーバー提供会社に任せることができる
  • 比較的費用が安い
  • 初心者でも使いやすい

デメリット

  • OSのカスタマイズやサーバー設定を変更できない
  • 独自のアプリケーションを動かすことが難しい
  • リソースを共有するため外部の影響を受けやすい

専用サーバーのメリット・デメリット

メリット

  • OSのカスタマイズやハードウェアのカスタマイズが自由
  • 独自のアプリケーションを動かすことができる
  • Java ServletやJSPを利用できる
  • ハードウェア・ネットワークのリソースをフル活用できる

デメリット

  • メンテナンスを自分でおこなう必要があり運用コストがかかる
  • ランニングコストが共有サーバーに比べて高額になる

VPSのメリット・デメリット

メリット

  • 独自のアプリケーションを動かすことができる
  • Java ServletやJSPを利用できる
  • 限定的ではあるがOSを選択することができる
  • 専用サーバーに比べてランニングコストが低い

デメリット

  • メンテナンスを自分でおこなう必要があり運用コストがかかる

それぞれの利用場面

このような場面では専用サーバーがお勧め!

第三者と共有したくない

セキュリティを考慮して完全に独立したサーバ−で運用することを要望する場合、専用サーバーの他に選択肢はありません。

このような要望は金融系のシステムでは珍しくありません。

制約の厳しいアプリを動かしたい

OSやハードウェアをカスタマイズしてリソースをフル活用する必要がある場合や、ネットワークの遅延が許容できないアプリケーションを動かす必要がある場合は専用サーバーが適しています。

独自のアプリケーションを動かしたい

ゲームサーバーやアプリサーバーなどでは独自のアプリケーションを動かす必要があることが少なくないため、専用サーバーが適しています。

ただし、リソース制約がないのあればランニング費用を抑えられるVPSを検討した方が良いかもしれません。

Javaを使いたい

アプリを動かすサーバーでは大抵Javaが使われますが、共有サーバーの場合はJavaサーブレットやJSPが利用できない場合があるため、そのような場合は専用サーバーが適しています。

ただし、リソース制約がないのであればランニングコストを抑えられるVPSを検討した方が良いかもしれません。

このような場面では共有サーバーがお勧め!

WEBサイト・ブログを公開したい

一般的なWEBサイトやブログであればランニングコストが低くメンテナンスを提供会社に任せることができる共有サーバーが適しています。

共有サーバーはOSのアップデートなどメンテンスをすべて提供会社が負担してくれるので、ユーザー側はコンテンツの充実だけに集中できます。

VPSをおすすめする場面

独自のアプリケーションを動かしたい

ゲームサーバーやアプリサーバーなどでは独自のアプリケーションを動かす必要があることが少なくないため、専用サーバーが適しています。

Javaを使いたい

アプリを動かすサーバーでは大抵Javaが使われますが、共有サーバーの場合はJavaサーブレットやJSPが利用できない場合があるため、そのような場合は専用サーバーが適しています。

開発環境・テスト用として使いたい

VPSはクリックひとつでサーバーを作成したり削除できます。

ですから一時的にサーバーを立ち上げてテストが終わったら削除する、といったことが簡単に行えます。

また、スナップショットを取得する機能がある場合は要所要所で状態を保存できるので開発環境に適しています。

利便性が高いのにランニングコストを低く抑えることも可能で、提供会社によっては起動している時間単位で費用を支払えば良いものもあり、魅力的です。

まとめ

レンタルサーバーとVPSの違い、共有サーバーと専用サーバーの違いや利用場面について解説しました。

それぞれの特徴やメリット・デメリットを踏まえて最適なサービスを選択する助けになれば幸いです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)